男性も性病に対して強い認識を持ってください

性病は、男性にとってもそうですが、女性にとってとて影響の大きい病気だと認識して下さい。

 

特にクラミジア感染症と淋病感染症は要注意です。淋病に感染した場合、重症化すれば子宮頸管炎を引き起こす可能性が出ます。子宮頸管炎になると、骨盤炎や腹膜炎を引き起こします。

 

 

不妊症の確率がぐっと増えるのです。また卵管を損傷してしまえば、子宮外妊娠の原因にも繋がります。

 

子供の命に直結する事となり、母子共にリスクの高い妊娠・出産となるでしょう。クラミジア感染症は、卵管狭窄や卵管閉塞を起こす原因となります。卵管が狭くなれば精子や卵子が通れなくなり、不妊の恐れが出てきます。

 

 

更にそのまま放置していると、子宮頸管炎や子宮内膜炎、卵管炎などを引き起こします。不妊症や子宮外妊娠、流産に繋がり易くなるのです。感染したまま出産した場合、産道で赤ちゃんに感染する事があります。

 

 

生まれてきた赤ちゃんが肺炎や結膜炎を起こす可能性が高まるのです。一般的には妊娠中の検査でクラミジア感染を調べるので、もし陽性なら医師から告知される事となります。淋病もクラミジアも、感染している人はそうでない人に比べてエイズに感染する率が3〜4倍になる事も知っておいた方が良いです。

 

 

淋病とクラミジアがダブル感染している事も多く、他の性病も併せ持っているかもしれません。

 

 

クラミジア感染症は自覚症状がないことが多いので、近年の不妊増加に繋がっています。まずはパートナーと共に検査して、感染していたら適切な治療を行って下さい。

 

風俗大好きでも性病は注意して下さい

風俗嬢は定期的に性病検査をしているから、安心してエッチなサービスを受けて大丈夫。

 

そう思い込んでいる男性が非常に多いです。しかし私は、エッチなサービスを受けた男性が性病に感染してしまったケースを何度も目撃しています。

 

相談を受けた事もあり、病院での検査を躊躇う人に性病検査キットを勧めた事もあります。

 

確かに月1回の性病検査を義務付けている風俗店もありますが、風俗嬢は月数十人・数百人という数のお客さんにサービスをします。月1回の検査の後にサービスをしたお客さんが性病感染者だったら、その後でサービスを受けた男性が性病に感染する可能性はぐっと増えます。

 

 

ましてや風俗店に出入りしている男性陣ですから、その前に関係を持った風俗嬢から性病が渡り歩く可能性もあります。

 

 

「毎日性病検査してもらわないと、俺達男性陣は安心できないね・・」私の目の前でそう言い放った男性がいたのですが、説教してやりました。毎日性病検査したとしても決して安心ではないのです。

 

 

風俗嬢の仕事は結構ハードで、多いと1日に10人以上の男性の相手をするそうです。午前中来店した男性がもしも性病感染者だった場合、風俗嬢に感染して午後からのお客さんに感染が広がる可能性もあります。

 

 

しかも潜伏期間があるので、数か月後に性病が発覚する事も稀ではありません。その潜伏期間中にサービスを受けた男性は・・?感染の可能性が一気に広がりますね。

 

 

「挿入さえしなければ安心♪」などという偏った知識を捨て、もう1度性病について知識を深めて下さい。誤った知識で彼女や家族を傷つけるのだけは避けてほしいと願います。

 

 

⇒ パートナーを守るために自宅で検査しませんか?

更新履歴